宣教活動のブログはServe Christian Ministriesのブログにて更新しています。この文字をクリックしてご覧ください。
Language switching

家族で移住宣教6ヶ月 1月の動きをシェアします。

皆さんこんにちは!黒川です^^
いつもお祈りとご支援をありがとうございます!

つい先日あけましておめでとうと言っていたと思ったら、もう1月が終わりました。びっくりです。
1月に僕は42歳になりました。そして、男性乳がんになってから10年が経ちました。がんになって以降いつ死ぬか分からないという覚悟の人生を歩くことができ、その中で神様の恵みを存分に味わうことができるようになりました。がんは本当に僕の人生の祝福でした。そして、これからも、いつ何があるか分からないから存分に人生をお捧げしていこうと思います!

1月の活動をシェアします!年明けから超教派で地域教会をサポートする働きが多くなっています。

まずはデザイン業務です。これはテントメーカーとして食べていくための手段ですが、依頼の殆どはクリスチャンまたは教会です。チラシや看板、ホームページなど全くの初心者の方々へはコンサルティングとプランニングをやりながらデザインをしていきます。夫婦が24時間一緒にいるので、僕の顧客対応と妻のデザインで二人三脚ちびちび行っています。今後は自治体や地域の企業、個人からお仕事やボランティアを頂いていって、デザイン分野でも宣教に繋がる働きをしていきたいと思っています。

15日、16日には三重県からOMの近藤宣教師ご家族が来てくださいました。近藤さんたちの三重での働きは、今後僕たちがやっていくであろう働きとかなり似ている部分がありとても励まされました。16日の主日は日本同盟基督教団双葉希望キリスト教会の礼拝に参加しました。

1月18日、南相馬市には朝から雪が降っていました。隣町の相馬キリスト福音教会よりご依頼いただき、信徒さんのZoomミーティングのセッティングサポートに行きました。

地域教会の牧師先生が都合により働けない時に、手足となっていきたいと思います。特にIT関連の操作に慣れているので、今後必要なサポートも増えてくるのかなと思っています。もちろん会議が始まったのを見届けて帰宅したので、会議内容は聞いていません。

毎週水曜日の夜に、超教派の食事会&賛美祈祷会をスタートしました。

これまで足立とダラスでやってきたように、特に20代30代の人たちを対象にまずは地域のクリスチャンを励ましていきたいと思います。またつながりを作っていきます。教派を超えておこなえるフェローシップと賛美、お祈りです。コロナ万延防止措置により今は中断していますが、落ち着いたらまた再会します。

1月20日には、市内の教会より急きょ葬儀プログラム制作依頼をいただきました。次の日に利用予定だったので、急ぎで原稿と素材をいただきデザイン、上質の厚紙は家電量販店で購入し自宅のプリンターで印刷、折加工をしました。

内容が多かったので二つ折りではなく三つ折りでレイアウトしました。今回担当した市内の葬儀社はキリスト教式葬儀が初めてだったそうです。司式や葬儀の手続きや信徒さんとのやり取りなど多忙を極める牧師先生の手足として用いられたことに感謝です。特に牧師先生でなくても良いような雑務をサポートできればと思います。

21日には日本縦断宣教旅行をしているAthlete Churchのキムジングクさんとまどかさんご家族が南相馬市を訪問してくださいました。

福島での宣教活動について、まずは現地の声を聞きたいということでオペレーションブレッシングジャパンのsoyocafeで打ち合わせをしました。なぜか、多くを語らずとも与えられている思いが同じという宣教師あるあるを経験しました。

Athlete ChurchとOBJスタッフと黒川家族

今2つの企画案があり進んでいます。主のご計画がこの福島でなされることに期待します!

23日には、以前も訪問した宮城県富谷市のビクトリー・チャペル聖書教会に行ってきました。

ダラスでビクチャペのYouTubeを見て、その時から勝手に大好きになって、南相馬市に移住して来て本当に家族みたいになりました。時々、ただいま〜!って行きたいです。目標は今年、僕たちが始める南相馬キッズメンバーがビクチャペキッズに突入することです。幼少期から、教団教派を超えて沢山のクリスチャンたちと関わりを持ってもらいたいとの思いがあります。

30日には、南相馬市内単立原町聖書教会で礼拝説教奉仕をさせていただきました。

原町聖書教会は市内ALTのアフリカ人先生たちも在籍するインターナショナルな教会なので、説教を日本語と英語でしなければいけません。今回はありがたいことに通訳が与えられたので、完全原稿をお渡しして同時通訳をしていただきました。たった2年の留学経験でしたが、こんな場面でそれが用いられて感謝です。英語で本来の説教内容が提供できる自信は無いのですが、神様のご計画にあったのであれば感謝してお受けしたいと思います。5週目の日曜日はこのように原町聖書教会で説教奉仕となります。

1月はこのように、超教派宣教団体との新たな出会いや地域教会での奉仕など、活動の幅が広がってきました。そして、4月からはミニストリーを本格始動致します。それに伴って、僕たちも超教派宣教団体として正式に立ち上げる形になりますので、また追ってご案内させていただきます。いつも黒川家族へお祈りサポートいただきましてありがとうございます。あなたの祈りがここ南相馬の地で形になっています。これからも主のご計画と主の御心だけがなされていくように引き続きお祈り下さい。

ミニストリーのためにご支援をお願いします

福島県南相馬市へ宣教のために家族で移住しました。相双地域と呼ばれる福島沿岸北部地域のプロテスタント教会とつながり、サポートをしています。また、地域で宣教が止まっている子どもたちへの宣教活動を開始しました。覚えてお祈り下さい。

この記事を書いた人
Yasunori Kurokawa

茨城県ひたちなか市出身
32歳で男性乳がんになった数少ない日本人クリスチャン。
お酒、タバコ、夜遊び、お金稼ぎ…相当な回り道をして、現在神様の道をまっしぐら!?2019年8月からアメリカテキサス州の神学校に家族で留学。
現在妻と娘2人の4人家族。神様の次に家族を愛するパパ。

Yasunori Kurokawaをフォローする
宣教
牧師くろちゃんのブログ
タイトルとURLをコピーしました