原点回帰でブログシステムを元に戻しました。ただいま制作中です。

南相馬市に移住して1年、42歳でサーフィンを始めました。

皆さんこんにちは!黒川です^^いつもお祈りありがとうございます!

南相馬市に移住して1年が経とうとしています。ここに来てから本当に多くの恵みに預かっていてとても幸せです。

そんな中、また新たな取組を始めました。泳げなくて、海が怖くて、足がつかない瞬間にパニックを起こす42歳のおっさんが、サーフィンを始めちゃいました!その理由を長々と話していきたいと思います^^長すぎるので先に結論をお話しすると、趣味と宣教と復興支援の一石三鳥だからです。それではレッツラゴー!

移住前から興味があった

実は、南相馬市への移住が決まり、リサーチしている中で「北泉海岸」という場所がサーフィンの聖地であることを知りました。それまでサーフィンをやろうとすら思ったことのない僕は、もしチャンスがあればサーフィンやってみたいなーという心が与えられていました。

スケボー青年との出会い

移住後に、北泉海岸で出会った青年がいたのですが、彼はスケートボーダーでした。スケボーとサーフィンは全く違うスポーツのようで、彼はサーフィンをしたことがありませんでした。個人的に関係を築く中でスケートボードを始めようと思い準備していたのですが、その道が開かないまま時が流れていきました。いつの間にか冬になり、サーフィンをやるには厳しい気温となりました。

CSJとの出会い

そのようにして年が明け5月、南相馬も少しずつ暖かくなってきた時期に、また自分の中でサーフィン熱が上がっていきました。しかし、ただの趣味じゃなくどうにか宣教と繋げたい。そんな時に、あるクリスチャンサーファーとのやり取りを思い出しました。それは、まだ僕がダラスにいる時に「サーフィンは宣教に使えるのか?」と質問したときの彼の回答でした。

実際のメールのやり取り

あ、大自然の海を相手にサーフィンをしている人たちは創造主なる神様にほぼ触れているのかもしれない。そんな気がしました。
それで、確かクリスチャンサーファーの団体があったはずと思い検索したところヒットしました。それがCSJ(クリスチャンサーファーズジャパン)です。

早速、問い合わせフォームから問い合わせてみました。カクカクシカジカ、現在どのような活動をしているんですか?すると、メールに返信が来ました。

え〜!サーフィンのサの字も知らないおっさん(なんなら泳げない元丘サーファー)が、いきなりサーファー軍団のZoomミーティングに誘われていいの!?でも、こういうパターンの場合、道が開かれることが多いので喜んで突入させていただきました^^

もちろん全員初めましてであり、一人だけサーフィンをやったことのないスーパーアウェーな環境にも関わらず、やっぱり神の家族で兄弟姉妹、そこにみんなサーファーということもあってスーパーオープンハートで、そのZoomだけでめちゃくちゃ癒やされました。なんなのでしょうあのサーファーの空気感は。

サーフィンよりもサーファーの空気感にハマってしまった僕は、サーフィンに是非チャレンジしたいという気持ちになりました。

その後のサーフィンのお話はまた今後ブログやYouTubeで公開したいと思います。まずは、42歳で泳げないのにサーフィンを始めたというストーリーを話させていただきました。命が守られ宣教につながるように是非お祈り下さい。

タイトルとURLをコピーしました