留学家族のブログです。留学生活とクリスチャン生活について書いています。

家族で留学167日目 あの件は一体どうなったのか?

皆さんこんにちは!黒川です^^

あの事件からだいぶ時間が経ちましたが、今回はそのご報告とさせていただきます。
まず、あの事件とは、前回の記事のことです。

家族で留学156日目 ●緊急のお祈り課題●今学期の学習において留学生活ならではの大トラブルが発生しています
皆さんこんにちは!黒川です^^ いつもお祈りとご支援をありがとうございます。 前回のブログから10日が経ちました。ちょっと期間が空いたのが、表題のことがあったからです。ブログを書く時には解決した状態で報告記事ということで書こうかと思...

 

簡単にご説明すると、1年生から3年生にジャンプして専攻課程に進んだのですが、学期が始まって2週間後に1年生に戻りなさいと言われていました。

新たにI-20という留学許可のようなものも頂いたので、さすがにどうなってるんだと確認をしていました。

そして約1ヶ月経った今日、最終確定しました。専攻課程に残ることができました〜!ありがとうございます。

実は、今回の件の発端である部署から全く連絡の無いまま時間が過ぎていました。結局のところ初めから問題の無いことだったようです。私が神学の修士を持っているので問題なくジャンプ出来るということのはずが、なぜか出来ないと言われてしまったという謎の事件でした。今回の件、日本人スタッフのMARIさんの助けがなければ、私は1年生に完全に戻っていました。1年生に戻ったら学習が遅れる事があるとともに、1セメスター卒業が延長するので時間とお金がそれだけ余分に必要となる事態でした。しかも私は家族帯同で来ているのでより深刻な問題となっていました。

ただ、未だにその発端となった部署のトップからはなんの連絡もなく、謝罪もなくむしろ何もなかったかのように終了しています。あれは一体何だったのかとよくわかりません。今日このようにブログでご報告出来たのは、たまたまアカデミック部署のトップの方に会い、直接確認出来たからです。アカデミックの部署の人は初めから大丈夫なはずだと言っていたのです。じゃ、留学生の管理をしているその部署のトップからの私への命令はなんだったのか?謎なままです。

今回の件では、本当にたくさんの方にお祈りしていただいて、また私の代わりに怒り狂ってくださった方もたくさんいて、そして自分ごとのようにサポートをしてくださった方がいらっしゃいました。

私はこの件を通して、今の専攻課程の学びがより貴重なものとなりました。それは、結果良かったと思っています。がんになったのと同じように、神様はトラブルをも喜びと感謝へ変えてくださる方です。私は初めの段階でこの部署のトップを赦したので、今はなんとも思っていません。私の人生のリーダーであるイエス・キリストは十字架上でこのように言いました。

「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」

これこそ、私が目指すべき態度です。責めている間は自分の方が傷つく。祈りによって、聖霊の助けによって即赦すことが出来たことに感謝です。

ということで、今年の12月までパストラルメジャー(牧会実践)が続きます。引き続きお祈りをお願いします。

そして、今後のブログについてお知らせします。
私たちはいつ日本に帰るのかわからないのですが、最短で今年の12月ということが確定しました。なので、このアメリカでの生活をVログという形で残していこうと思います。

今後はこの文字でのブログと共に、YouTubeを用いて映像でも記録を残していきます。また、この方法を利用し、クリスチャンでない方と元クリスチャンの方へアプローチをしていく考えです。人数ではなく、一人でもアプローチ出来たら凄いと考えています。

この働きも主によってなされるようにお祈りお支え下さい。
日本では住む場所も資産も一切ありません。来たときと同じように、アメリカでの全ての資産を処分し、キャリーバッグと身体だけで戻る予定です。ふさわしい牧会(宣教)場所が主によって与えられるようにお祈り下さい。

いつもありがとうございます。

ご支援を必要としています

私たち家族は人生とこの先の道を神様にお捧げし委ねています。私たち家族には皆さんのご支援が必要です。もしお心が与えられましたらお祈り並びに献金をいただけましたら感謝です。主の御心がなりますように。

この記事を書いた人
Yasunori Kurokawa

茨城県ひたちなか市出身
32歳で男性乳がんになった数少ない日本人クリスチャン。
お酒、タバコ、夜遊び、お金稼ぎ…相当な回り道をして、現在神様の道をまっしぐら!?2019年8月からアメリカテキサス州の神学校に家族で留学。
現在妻と娘2人の4人家族。神様の次に家族を愛するパパ。

Yasunori Kurokawaをフォローする
ブログ
留学家族|家族でアメリカ留学する宣教家族ブログ
タイトルとURLをコピーしました