留学家族のブログです。留学生活とクリスチャン生活について書いています。
最終学期の授業料のご支援にご協力下さい

CFNIでの学びが最終学期となります。これまでのご支援に感謝申し上げます。現在、最終学期の授業料のご支援をお願いしております。何卒、宜しくお願い致します。

詳細はこちら

家族で留学182日目 【Vログ】マルディグラアウトリーチの報告です!

動画のご報告はこちら↑

皆さんこんにちは!黒川です^^
いつもお祈りとご支援をありがとうございます!

4泊5日のMARDI GRAS(マルディグラ)アウトリーチから戻ってきました!
お祈り頂いたので、とても素晴らしい経験になりました。本当にありがとうございます。とにかく、一言、最高でした。

まず、英語が出来ない私が何ができるのかと不安でしたが、ほとんどやったことないカホンを叩くということで賛美に貢献できました。そして、さんざん遊ぶためにやってきたヒップホップのダンスがここで用いられました。神様は過去の罪の中にある自分の中から輝きを見つけそれを用いてくださる方です!

そして、何より私が祈り委ねてきた「会うべき一人に神様会わせて下さい」その祈りに聞いてくださいました。アジアの国の一人の方が私たちのグループに引き寄せられてきました。その方は信教の自由が許されていない国の音楽の先生でした。彼は一ヶ月アメリカを旅している最中で、ちょうどマルディグラのフェスティバルを訪問し、そして、神様の導きにより私たちのグループにあの日あの時あの場所で巡り合うことが出来ました。彼は10年前にちょっとだけ教会に通ったことのあるクリスチャンではない方です。

私は彼に会った瞬間に神様が備えてくださった方であると確信し、彼もまたそれは間違いないとおっしゃるほどに、私たちは既に出会っているかのような意気投合と信頼関係が構築されました。私はクリスチャンになってから何度となくこのような経験をしているのですが、彼にとっては初めてで合ったはずなので、驚いた様子でした。結局彼にとって神様の存在を認めざるを得ない状況を神様が用意してくださったということをイエス様の御名によって宣言します!しかも彼はこのあとダラスに来る予定となっているということで、再度ダラスで会うこととなっています。引き続き彼がイエス様まで導かれるようお祈りお支え下さい。

今回のアウトリーチで学んだことは、賛美の力です。

私たちは今回、賛美によって導かれる人たちにイエス・キリストの福音をダイレクトに伝えていくという方法を用いました。私にとって初めてのアウトリーチで、しかも海外ということで不安があったのですが、賛美は単純に歌とは異なり、言語を超えて通じるものがあることを知りました。そして、それは、クリスチャン・ノンクリスチャン関係なく私たち人間を造った神様を賛美するからなされるということを目の当たりにしてきました。

結局3日間で、322人もの方々がイエス・キリストを救い主と受け入れ信仰告白をしました。それは教会の周辺にいるという人ではありません。ここぞとばかりに遊んでやろうと気合いを入れてやってきている人たちです。そのような方たちにも神様は触れてくださいます。それは人間がやろうとしても出来ないことです。私たちは私たちの限界を知っているからこそ、神様により頼み、委ね、そして賛美をするのです。そこに共鳴される人たちが、本人の認識外のところで一人またひとりと導かれてきました。

そして、今回共にアウトリーチに参加した100人のメンバーの情熱に感動しました。私たちは一人ひとりが神様の証しを携え、新しく生まれ変わった者としてそれを大胆に伝えているのです。私たちは自分の力でなく、神様によって変えられた罪人であり、マルディグラで遊んでいる人たちと全く変わらない存在なのです。だからこそ、神様を賛美しそれを伝えているんです。この仲間たちとなら世界中へも行けると確信します。そして、日本においてもそれが可能であると信じます。

私たちのグループリーダーは、日本宣教に熱い思いを持っている方でした。それもまた、今後の私たち家族の宣教においてとても大切な出会いとなりました。私の計画ではなく、神様の計画によって全てがなされていることを感謝します。

そして最後に、今回のアウトリーチの始めから終わりまで、その全てが私の力ではなく、お祈りしてくださっている皆さんみんなで行われたことであると確信します。私一人、また私たちチームメンバーだけではなし得るはずのないことを、世界中でお祈りしてくださっている方々と共に望むことで神様が働かれたと確信します。

この場を借りまして、今一度感謝申し上げます。ありがとうございます。

ますますパワーアップして、残りの学びに励みたいと思います。引き続きお祈りお支え下さい。

ご支援を必要としています

私たち家族は人生とこの先の道を神様にお捧げし委ねています。私たち家族には皆さんのご支援が必要です。もしお心が与えられましたらお祈り並びに献金をいただけましたら感謝です。主の御心がなりますように。

この記事を書いた人
Yasunori Kurokawa

茨城県ひたちなか市出身
32歳で男性乳がんになった数少ない日本人クリスチャン。
お酒、タバコ、夜遊び、お金稼ぎ…相当な回り道をして、現在神様の道をまっしぐら!?2019年8月からアメリカテキサス州の神学校に家族で留学。
現在妻と娘2人の4人家族。神様の次に家族を愛するパパ。

Yasunori Kurokawaをフォローする
CFNIVログ(ブイログ)クリスチャン
留学家族|家族でアメリカ留学する宣教家族ブログ
タイトルとURLをコピーしました