留学家族のブログです。留学生活とクリスチャン生活について書いています。

家族で留学5日目 時差ボケと子どもの管理に苦しむ

皆さんこんにちは!黒川です^^
いつもお祈りとご支援をありがとうございます。

イングリッシュネームを作りました。JOY(ジョイ)にしました。日本語の名前がみんな発音出来ないので困っていたところ、妻が突然この名前を付けてくれました。モデルのJOYさんと同じ芸名ってことで私も気に入りました。Jesus Overflows Youの略としても用いられる単語です。

さて、留学生活もあっという間に5日目になりました。
今週はオリエンテーションと学校生活になれる期間でした。私たちが住んでいる家族寮には素晴らしいサポーターが存在し、あらゆる助けを得ることが出来ます。

家族寮の主事John先生とアシスタントのVitor先生

 

ただし、どうにか自分たちで乗り越えなければいけないことがあります。それが時差ボケです。
日本とは14時間の時差があるここテキサスでは、完全に昼夜が逆転です。
時差ボケって、別に一日頑張ればすぐなくなるんじゃない?と甘く見ていました。

実際には、頑張って24時間起き続ければ慣れるということではなく、体に染み付いている昼と夜のリズムが変わるのを少しずつ待つという途方もないことなんだと知りました。

大人はそれでも戦略的に無理をして、現地の昼時間に合わせて頑張って起きて、夜は頑張って寝るなど努力が出来ます。しかし、それを子どもたちに強いることが出来ず、結局私たちの予定とはかけ離れたプランで時差ボケを解消しています。

昨日は私たちの理想が崩れ、19:00に眠りについた娘たちが朝まで寝ず、午前1:30に起きてそのまま朝まで起き続ける自体となりました。彼女たちにとってはまだその時間が昼なので遊びたいわけです。でも夜なので騒いだり暴れたりするのは控えなければなりません。

そのような葛藤の中、夫婦も疲れ切ってしまうという事態となりました。

Kii
Kii

あまりの辛さに泣きました。

結局朝の7時位に子どもたちが寝ました。彼女たちにとってはそれが夜ということです。
私は24時間置きっぱなしのまま、オリエンテーションに参加することとなりました。

午後になり、娘たちも起きたので太陽の光を浴びるためにプールに行きました。

学校内に4つの室外プールと1つの室内プールがあります。夏の間は自由に入ることが出来ます。
外が暑すぎて、ある意味プールくらいしか遊ぶ場所が無いんです。

Kuro
Kuro

公園は屋根があるものの、日中は15分が限界という感じです。

でも、プールはアメリカの一つの文化らしいので、約1時間楽しんできました。

こちらに来て、体も心も大変ですが、それでも御言葉によって励まされています。何より日本や韓国でお祈りしてくださっている方々のお祈りが私たちの支えとなっていることを強く感じます。本当にありがとうございます。

いよいよ来週から授業が始まります。引き続きお祈りお願いします!

 

この記事を書いた人
Yasunori Kurokawa

茨城県ひたちなか市出身
32歳で男性乳がんになった数少ない日本人クリスチャン。
お酒、タバコ、夜遊び、お金稼ぎ…相当な回り道をして、現在神様の道をまっしぐら!?2019年8月からアメリカテキサス州の神学校に家族で留学。
現在妻と娘2人の4人家族。神様の次に家族を愛するパパ。

Yasunori Kurokawaをフォローする
ブログ未分類留学
留学家族|家族でアメリカ留学する宣教家族ブログ
タイトルとURLをコピーしました