留学家族のブログです。留学生活とクリスチャン生活について書いています。

この記事を読むと、あなたはハングルが読めてしまいます。

 実際にもう読んでもらいます。いきなりですが。
ゆっくりスクロールしてくださいね!

 

 

 

 

ハングルで「K」は


「カ」を書くときの一画目とか覚えるといいですかね?

 

 

 

 

ハングルで「A」は


「ト」みたいだから、「トア」と覚えたらいいですかね?

 

 

 

 

ハングルで「N」は


「ん」に似てると覚えましょう。

 

 

 

 

ハングルで「T」は


「t」に似てると覚えましょう。

 

 

 

 

 

ではこの4つが組み合わさった単語を見てみましょう^^

 

 

 

赤丸の部分を拡大すると

 

 

これをアルファベットに変換すると

 

 

「KAN TAN」と書いてあります。
もうわかりましたか?そうです!正解は「カンタン」→「簡単」という意味です。

 

え?簡単って、韓国語でもカンタンなの???」そうなんです。細かくいうと「カンダン」になるんですけど、細かいことは置いといてそういうことなんです。これが日本人の特権です。これを漢字語といいます。ハングルがとてもシンプルな構造であることがわかったところで、次は日本人の特権である漢字語について触れていきます。

 

▼一冊で日常会話習得を目指せるおすすめのテキスト

ハングル3時間マスターコース

韓国語教室

 

この記事を書いた人
Yasunori Kurokawa

茨城県ひたちなか市出身
32歳で男性乳がんになった数少ない日本人クリスチャン。
お酒、タバコ、夜遊び、お金稼ぎ…相当な回り道をして、現在神様の道をまっしぐら!?2019年8月からアメリカテキサス州の大学に家族で留学。
現在妻と娘2人の4人家族。神様の次に家族を愛するパパ。

Yasunori Kurokawaをフォローする
韓国語
留学家族|家族でアメリカ留学する宣教家族ブログ
タイトルとURLをコピーしました