留学家族のブログです。留学生活とクリスチャン生活について書いています。

家族で留学50日目 他の学校の学生さんと交流会(フェローシップ)

皆さんこんにちは!黒川です^^
いつもお祈りとご支援をありがとうございます。

先週の土曜日に、Southwestern Baptist Theological Seminary(以下:セミナリー)の学生さんたちを招待して交流会(フェローシップ)をしました。

みんなで集合写真

私たちCFNIの学生とセミナリーの学生で23人、子どもを入れると26人という人数になりました。神様が与えてくださった私たち家族の自宅が用いられること本当に感謝です。

みんなでゲームをしたり、

 

賛美したり、

食事をしたり、祈ったりしました。

最後は参加した人たちそれぞれの国の為にとりなし祈りました。今回の参加者は、日本・韓国・ニュージーランド・ブラジル・ロシア・ポルトガルと、なんと6カ国。それぞれの国のことや教会のことなどシェアし、みんなで声を合わせて祈りました。

終わった後もなんか名残惜しい感じで、話しが止まりませんでした。

なんだかんだ毎週フェローシップをしている感じですが、若い人たちとこのように触れ合えることに感謝です。私はあと3ヶ月で40歳になります。私たちのこれからの宣教の働きには、10代20代の働き手の力が必要です。日本や世界の宣教の為にわざわざ渡米して神学を学んでいる若者たちとこのように交流できるチャンスをいただけた恵みにただただ感謝です。彼らが日本に戻って、または世界に飛び出して宣教の働きをする際は、私たちも全力でサポートしたいと思います。そのために今私たちは出会わされているのだと思います。

また、これからますます国際化が進んでいく日本における宣教を考えた時に、60カ国を超える国々の人たちと共に学びが出来るこの環境にも感謝です。日本人の良い部分、宣教の妨げになっている部分を客観的に見ながら、学習だけではなく生活や人々との関わりからも学んでいきたいと思います。

お祈り頂いている皆さんいつもありがとうございます。近くても、遠く離れていても、時差があっても、それらを超越しておられる神様が皆さんの祈りを聞いてくださって、私たち家族に素晴らしい祝福と恵みをくださっています。感謝します!

こちらに来て、英語で理解できた初めての分かりやすい賛美を最後に紹介します。この賛美は今私たち家族全員がハマっていて、毎日家族で歌っている賛美です。

ご支援を必要としています

私たち家族は人生とこの先の道を神様にお捧げし委ねています。私たち家族には皆さんのご支援が必要です。もしお心が与えられましたらお祈り並びに献金をいただけましたら感謝です。主の御心がなりますように。

この記事を書いた人
Yasunori Kurokawa

茨城県ひたちなか市出身
32歳で男性乳がんになった数少ない日本人クリスチャン。
お酒、タバコ、夜遊び、お金稼ぎ…相当な回り道をして、現在神様の道をまっしぐら!?2019年8月からアメリカテキサス州の神学校に家族で留学。
現在妻と娘2人の4人家族。神様の次に家族を愛するパパ。

Yasunori Kurokawaをフォローする
CFNIクリスチャンブログ留学
留学家族|家族でアメリカ留学する宣教家族ブログ
タイトルとURLをコピーしました