留学家族のブログです。留学生活とクリスチャン生活について書いています。
次期、春セメスターの学費直接ご支援のお願い

次期、春セメスターの学費並びに寮費のために、学費の直接納付ご支援を広く募集しております。何卒宜しくお願い致します。

詳細はこちら

家族で留学124日目 留学家族のクリスマスの過ごし方

皆さんこんにちは!黒川です^^
いつもお祈りとご支援をありがとうございます!

こちらは今日が25日クリスマスです。アメリカはクリスマスは休日です。ちなみに韓国も25日は休日です。日本は通常通りだと思います。でもパーティーはしますね。どんな形でも、イエス・キリストの生誕をお祝いしているのですから素晴らしいです!

さて、私たち家族は、ここアメリカの初めてのクリスマスをどのようにすごしているのでしょうか。ということで、少し写真を入れながらご報告したいと思います。

まず、私の学校と子ども二人のプレスクールがお休みになったので、基本的に休みです。ただし、私たちは日本からデザインのお仕事を頂いたり、日本や海外から奉仕も頼まれていますので、子守りをしながら協力して過ごしているという状況です。気温のアップダウンが激しく、体調を崩さないよう注意しています。

そんな中、アメリカは12月に入る前から街はクリスマスに変貌を遂げていきました。また、ここダラスは教会も多いので、各教会でクリスマスイベントや礼拝が多数開催されていました。

そして、今回私が人生初めてのメガチャーチという巨大教会に訪問してきました。

訪問したのはGateway Church(ゲートウェイチャーチ)です。

ここで毎年行われているミュージカルとキャンドルサービスで2度訪問しました。メガチャーチと言われるように、とにかく大きいです。教会というより施設です。東京ドームとディズニーランドが合体したような内部です。想像を遥かに超えていました。

ミュージカルの内容も、劇団四季か!と思うほどのプロのミュージカルでした。それが全部無料ですから驚きです。

Kii
Kii

こんなに沢山の人たちがイエス様の誕生を喜んで賛美する姿を見て感動しました。

YUA
YUA

イエス様ハッピーバースデー!

別な日には、Grapevineという、街全体がイルミネーションになっているところを訪問してきました。

その帰りに、人生初のアメリカの家のクリスマスパーティーに招待されました。しかも大豪邸。家というよりお城でした。


集約すると、街全体がイエス・キリストの生誕を全力で祝うといった感じです。日本では味わうことのできない雰囲気がそこにはあって、日本語のクリスマスではなく、まさにChristmas=キリストのミサ( “Christ’s Mass”Christ + Mass)なんです。こんな経験が出来るのもクリスチャンとしては大変喜ばしいです。

色々なイベントやお誘いがありますが、全部無料です。無料どころか更に色々貰い物も多く、食事やプレゼントも沢山いただきました。受けるのが沢山ある分、この祝福と恵みは誰かに流していかなければと宣教の思いも強くなるばかりです。

最後に次女のNOAが一生懸命賛美していた、ホームパーティーでの賛美の時間をシェア致します。

 

ご支援を必要としています

私たち家族は人生とこの先の道を神様にお捧げし委ねています。私たち家族には皆さんのご支援が必要です。もしお心が与えられましたらお祈り並びに献金をいただけましたら感謝です。主の御心がなりますように。

この記事を書いた人
Yasunori Kurokawa

茨城県ひたちなか市出身
32歳で男性乳がんになった数少ない日本人クリスチャン。
お酒、タバコ、夜遊び、お金稼ぎ…相当な回り道をして、現在神様の道をまっしぐら!?2019年8月からアメリカテキサス州の神学校に家族で留学。
現在妻と娘2人の4人家族。神様の次に家族を愛するパパ。

Yasunori Kurokawaをフォローする
ブログ留学
留学家族|家族でアメリカ留学する宣教家族ブログ
タイトルとURLをコピーしました